妊娠中の女性が葉酸サプリを服用することの効果とメリット

妊娠中に摂りたい栄養素はいろいろありますが、中でも重要視されているのが葉酸です。いまや葉酸といえば、妊婦さんというイメージを持っている人も多いかもしれません。

でも、具体的にはどうして葉酸が必要だといわれるのでしょうか。葉酸の効果について、改めてまとめてみました。

妊娠中に葉酸を摂取することの重要性

妊娠中の葉酸摂取がこれだけ推奨されている最大の理由は、妊娠中の葉酸不足は深刻な先天性疾患のリスクを高めるということが分かっているためです。

妊娠中、お腹の中で赤ちゃんが育ちますが、そのときに葉酸が不足していると、成長過程における細胞分裂に悪影響が出てしまうためです。

ですので、健やかな胎児をはぐくむためには、葉酸を不足なく摂取することが欠かせないんです。

妊娠中に必要な葉酸の量は?

では、具体的にどのくらいの葉酸が必要とされているのでしょうか。

厚生労働省によれば妊娠中の女性は1日400μgの葉酸を摂取するべきだといわれています。葉酸はビタミンの一種ですので普段の食事から摂取することも不可能ではありません。

しかし、妊娠中は普段よりもより多くの葉酸摂取が推奨されていて、それを食事からだけでまかなうのはいささか不安という人が多いのではないでしょうか。

そのような場合にも、葉酸サプリがあれば心強いですよね。

葉酸の効果は他にも

先ほど、妊娠中の葉酸摂取について最も大切な効果をお話ししました。でも、葉酸の効果はそれだけではありません。

葉酸には造血作用があるので、貧血の防止や、母乳の出をよくするといった効果も期待できます。普段から貧血気味な女性は、妊娠中でなくても摂取したいですよね。

また、最近の研究では、葉酸にはうつ病予防や生活習慣病予防の効果もあるということが明らかになりつつあります。もはや葉酸は妊婦さんだけでなく、すべての人に大切な栄養素の一つだということが分かりますね。

まとめ

葉酸の効果についてまとめてみました。葉酸は妊婦さんに推奨されているものですが、妊娠中の女性以外でも積極的に摂りたい栄養素です。もちろん、男性にとってもうれしい健康効果があるので、この機会にご主人と一緒に始めてみてはどうでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク